死亡保険のメリットとデメリット

死亡保険とは終身保険とも言われ、一般的に被保険者が死亡もしくは高次障害を抱えた際に契約時に取り決められている保険金が支払われる仕組みです。保障される期間が一生涯ということで被保険者が死亡するまで保障が終わる事はなく確実に遺族に保険金が支払われます。保険料の払い込みのスタイルも複数存在し、保証期間が一生続くのと同じように支払いも一生涯続く終身払い。これは月々の支払う保険料を抑える事ができるため負担を減らす事ができます。次に払い込み期間を65歳の定年退職まで、など一定期間で区切って設定する有期払い。これは設定された期間が長期になるほど負担は減りまし、退職などのタイミングとあわせることにより家計への影響を調整できます。